身近であった認知症体験談

 

ご近所にも知らせて協力してもらうことが必要

私は52歳の女性、専業主婦です。 私の祖母は35年以上前に亡くなりましたが、それより15年以上前から今で言う認知症でした。

まだ有吉佐和子さんの「恍惚の人」も出版されていない頃でしたから、初めは単なる老人の物忘れが酷くなったと思っていましたが、両親が色々な講演会等に行って調べ、「ボケた」のだということがわかりました。

そして5,6年前のことです。当時住んでいたご近所のおばあさんと奥さんに認知症の症状が出てきました。 その体験談を書きたいと思います。

一人は80歳近い我が家の隣の家のおばあさんです。年を取ってきたので、今まで住んでいた所から息子の家に引き取られたのです。

最初のうちは普通の状態でした。 挨拶も立ち話もし、自分の故郷の話もしてくれましたし、毎日デイサービスにも通っていました。 それがある時から急に「おばあさんがいない」ということでご近所中で探しました。

それが2度ほどあった後、みんなで探している所へ警察から電話があり、保護されたことがわかりました。 その日の夕方、息子さんは沢山の荷物とおむつを車に積んでどこかへ行きましたから、おばあさんは施設へ入られたようです。

もう一人の奥さんは50代後半でしたが、ある時からご主人や息子さんと手を繋いで近所を散歩するようになりました。 以前から会うと息子さんの自慢話を必ずする=同じ話を繰り返していましたが、その頃より顔の表情に変化が無くなりました。

散歩中に会って挨拶をすると、奥さんも頭を下げるのですが声は出しませんでした。
こちらは詳しいことは聞いていないのですが、それ以来一人で自転車に乗ってお買い物に行く姿も見なくなりました。

若年性認知症でしょうか? また、以前は家の北側に建っているお宅の植木がほんの少しでも自分の塀の中に入っていると神経質にポキポキ折って北側の家の方へ枝を倒していたのに、そんな姿も見なくなりました。

祖母のことも踏まえ、まず自分の家に帰れなくなったら間違いなく認知症がかなり進んだ状態だと思います。 又、認知症は病気なので、緊急の時には恥ずかしがらずにご近所にも助けを求めることも大切なことだと思います。

ボケ防止 サプリメント

 

髪の毛が薄い男性ってどう思いますか?